記事一覧
降圧には食塩管理のほか、ナイシトールが効果的?

収縮期(俗に言う「上」)が140mmHg、拡張期(同「下」)が90mmHgを超えると、現代日本では軽症高血圧に分類されます。良心的な医師はす

2019年10月21日
降圧やインスリン抵抗性を改善する為自宅でできる対策

生活習慣の乱れや日常の食生活の偏りなどによって引き起こされる病気として糖尿病がよく知られています。この糖尿病という病気の恐ろしいところは一度

2019年09月22日
人により降圧剤が効かないや肝機能障害の副作用もある

降圧剤は高血圧症の治療薬です。降圧剤の種類にはカルシウム拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿剤とメインテートなどのβ遮断薬の5種類があります。

2019年08月26日
降圧で心臓病を防ぐ高血圧の改善方法

心臓病とは、心筋梗塞や心不全、心肥大などの心臓疾患の総称です。心臓病と高血圧は深い関連があり、降圧治療をしないままで放置していると、心臓病の発病リスクはどんどん上がっていきます。どのような改善方法をとれば、発病のリスクを軽減することができるのでしょうか。高血圧は「サイレントキラー(静かな殺人者)」と

2019年07月27日
心臓肥大や動脈硬化症起こす高血圧は降圧対策で改善

高血圧は血圧が高くなる症状で、生活習慣病の1つとされています。血圧が高いだけで他には何も問題ないと、感じる方もいるかもしれません。高血圧になっていても、ほとんどの場合自覚症状は無いので、そのまま放置してしまったり、中には自分が高血圧になっていると、分からない方もいるようです。実は、高血圧の状態が続く

2019年07月09日
副作用で鼻血が出る事もある降圧剤はいつまで飲むの?

アダラートやノルバスクなどの降圧剤を飲んでいると、まれに鼻血が出ることがあります。これは、薬の副作用によるもので、これらの降圧剤においては鼻血は滅多に起こらない重い副作用に分類されており、アダラートやノルバスクでよくある副作用としては顔のほてりや頭痛、足のむくみ、動悸、めまいなどが報告されています。

2019年06月11日
自然の降圧薬カリウム

高血圧で診察を受けると、まず指導されるのが食生活でしょう。塩分控えめの生活を行いながらさらに降圧効果を上げる食生活を送りたいなら、積極的に摂りたい栄養素があります。それは、カリウムです。カリウムは、ミネラルの一種です。筋肉や心臓の働きの維持体内の余分な塩分の排出が主な役割です。カリウムには降圧効果が

2019年05月25日
どのくらいの量の点滴で降圧されるのか

高度な貧血のある患者など血圧を急激に低下させることが危険な場合もあります。貧血症状の悪化を注意しながら点滴量を投与しなければいけません。通常血圧を降圧させるための点滴量は、その患者の体重に対してどれくらいかという考え方で行われています。降圧を考える際に注意することは、急激な降圧はできるかぎりさけるこ

2019年05月13日